ゼロキャロに副作用はある?下痢になったときの対処法

ゼロキャロに副作用はある?生理中や妊娠中は飲んでいい?

ゼロキャロで注意することと言えば痩せすぎることくらいです。

ゼロキャロの副作用、下痢になったときの対処法、そして、生理中や妊娠中に飲んでも問題ないかご説明します。

ゼロキャロに副作用はある?下痢になったときの対処法

ゼロキャロには副作用はありません。

しかし、服用すると腹痛が起きたり下痢になったりする方がいます。

これはゼロキャロに含まれるデキストリンという成分の整腸作用によるものです。

デキストリンを摂取すると排便回数が増加することがわかっていて、便の症状が良好になったという結果もありますが、初めて飲む方は過剰に働いてお腹がゆるくなってしまうことがあります。

継続すれば腹痛はおさまりますが、下痢になることを避けたい方は2錠から1錠に減らしてみましょう。

そして、ゼロキャロにはバナナパウダーなどの食物繊維を多く含む成分が配合されているため、おならをする回数が増えることがあります。

これも時間の経過とともにおさまりますが、ご自身で数量をうまく調節しながら飲みましょう。

ゼロキャロで吐き気がする場合
極めてまれなケースですが、ゼロキャロを飲用後に吐き気をもよおす方がいるようです。
吐き気がする方は体質にあわない可能性があります。
今すぐ中止して医師に相談しましょう。

ゼロキャロは生理中・妊娠中は飲んでいい?

ゼロキャロは生理中・妊娠中は飲んでいい?

ゼロキャロ公式サイトには生理中や妊娠中の飲用を控える注意事項は掲載されていません。

生理が遅れたり妊娠中の体に何か問題があったという報告も聞いたことがありません。

しかし、妊娠中の方は過度なダイエットは厳禁なので、使用前にかかりつけのお医者さんに相談するようにしてください。

産後の授乳中に無理なダイエットをしてしまうと、母乳の量が減ってしまうこともありますので医師に相談した上で飲用するか、断乳してから飲用を始めることをおすすめします。

ゼロキャロにアレルギーの心配は?

ゼロキャロにはアレルギーを引き起こす原材料は含んでいません。

本品には、アレルギー表示義務または奨励されている特定原材料は含んでおりません。
本ページ下部及び、パッケージに使用している原材料を記載しておりますので、必ずご確認ください。
引用:ゼロキャロ公式サイト

アレルギーの心配はいりませんので、安心して飲むことができますね。

ゼロキャロの安全性を保つには?

ゼロキャロの安全性を保つには?

ゼロキャロの安全性を保つには決められたルールの中で飲用することが大切です。

ゼロキャロには脂肪を燃焼させたり余分な油分を吸収するファイバーやグリーンコーヒー豆エキスなどが含んでいます。

過剰に飲みすぎてしまうとこれらの成分が働きすぎてしまい、過剰に痩せすぎるという健康被害にあう可能性があります。

決められたルールの中で飲めば安全性は確保されていますので、すぐに痩せたいからといって飲みすぎないように注意しましょう。

まとめ

ゼロキャロは男女3,000人のモニター全員が20kg以上痩せることのできた信頼性の高いダイエットサプリです。

短期で痩せたい方には最適なサプリですので、まずは1袋から始めてみてはいかがでしょうか?