この記事を書いた人

元家具ショップ店員のamiです。
店員の経験した家具の知識、おすすめの家具通販をご紹介しています!

ami-11をフォローする

生活に必要な家具5選!予算5万円以内で初めての一人暮らし

学ぶインテリア

初めての一人暮らし。

「家具ってなにが必要なのかな?」「この家具って必要なんだろうか?」

いろいろ迷ってしまいますよね。

一人暮らしに絶対必要な家具、または、設置できるスペースがあれば置いておきたい5つの家具を5万円という予算内でご紹介します。

生活に必要な家具5選!予算5万円以内で初めての一人暮らし

予算5万円以内で生活する上で最低限の家具をご紹介します。

家具をなるべく安く揃えると家電等もゆとりを持って購入できますのでぜひ参考にしてください。

テーブル

まず絶対に置かなければならない家具はテーブルです。

これからワンルームの家具の配置を決めるなら、テーブルを中心とした配置案を考えましょう。

テーブルは食事・勉強・趣味を行う上で欠かすことができないため、なるべくお部屋の中央部分に配置して他の家具との導線を考えることがベストです。

折りたたみテーブル

LOWYAの折りたたみテーブル(12,990円)

使用しない間は足をたたんで収納できるテーブルが重宝します。

足をたためるタイプのリビングテーブルは「デザイン的にダサい」と思われがちですが、昨今ではかなりおしゃれになってきて見た目では折りたたみタイプに見えないデザインが多く販売されています。

収納スペースがあるテーブル

LOWYAの収納付きテーブル(9,990円)

収納力を求めたい方は、天板下に収納スペースがあるタイプのリビングテーブルもおすすめです。

ロータイプのテーブルを置けば天井との距離が生まれお部屋が広く見えたり圧迫感がなくなります。

ここがポイント!
折りたたみテーブルは通常のテーブルよりもやや値段が張ります。
予算が気になる時は通常のテーブルを購入しましょう。
フローリングの上にテーブルをそのまま設置すると冬場は冷えるのでラグを敷きましょう。

座椅子・ソファ

座布団を置いてそのまま床に座るのも良いですが、お尻が痛くなったり冬場は冷たくて辛いですよね。

快適にくつろぐために座椅子は必ず置くべきです(最近ではフロアソファという呼び方もされていますね)

ホームセンターで売っているような薄いクッションではお尻が痛くなるので、ある程度弾力のある座椅子をおすすめします。

リクライニングできる座椅子

LOWYAの42段階リクライニング座椅子(8990円)

テーブルでの食事はもちろん、勉強や物書きをする時に身を任せて姿勢を維持できるので集中力も向上します。

1万円未満でも細かくリクライニングできる座椅子が多く販売されています。

また、座椅子ではなくソファに対する憧れを持つ方も多いと思います。

2人掛けソファ

LOWYAの2人掛けソファ(19,990円)

ソファを置く場合は横になれる2人掛けを選択しましょう。

ソファを置くとインテリアとしての完成度も高まりますし気分的にも優雅になりますよね。

「ソファはインテリアの主役」とも言いますし、おしゃれな部屋にしたい時には欠かせない家具です。

ソファの横に小さなサイドテーブルを置けば飲み物や本が置けて使い勝手が良くなります。

ここがポイント!
ソファは脚の取り外しができるタイプがおすすめです。
ソファがローダウンにすると天井との距離が生まれてお部屋が開放的になります。
収納スペースに悩んでいる場合はそのまま脚を取り付けてソファ下を収納スペースとして使いましょう。

テレビ台

テレビ台もマストアイテムです。

ワンルームやスペースのないお部屋にテレビ台を置く場合は、幅が80cm程度のテレビ台が最適です。

80cmの幅でも32V型のテレビを置くことができるので、サイズ的には十分ですね。

LOWYAの幅80㎝テレビ台

LOWYAの幅80㎝テレビ台(5,990円)

基本的にテレビ台はには収納スペースがついているので、HDDレコーダー、DVDプレイヤー、ゲーム機本体などを置けばスッキリします。

裏側には必ずケーブルを通すための穴があるテレビ台を選ぶと配線もスッキリしますね。

LOWYAのテレビ台2

LOWYAのコンパクトテレビ台(7,990円)

また、収納スペースに扉があるテレビ台を置けば中が見えず、よりスタイリッシュな雰囲気になります。

ホコリも入りにくくお掃除も楽になりますね。

テレビ台の代わりにカラーボックスを置いても問題ありません。

ここがポイント!
テレビ台を選ぶ際は高さを必ず確認しましょう。
自分がいつも座る高さによってロータイプかミドルタイプを選択します。
座椅子に座ってテレビを見るならロータイプ、ソファに座ってテレビを見るならソファに座った目線と同じ高さになるテレビ台にすると、見やすくなるし肩もこりません。

ベッド

「布団でも十分」と考える方もいると思いますが、おしゃれなインテリアを目指すならベッドは必ず置くべきです。

収納スペースに乏しいお部屋に布団を敷いても収納できないので、結局は敷いたままの状態になってしまい見栄えが悪いですよね。

スペース的に狭くなってしまいますが、ベッドを置くことで快適な睡眠ができますし起き上がりも腰に負担がかからずスムーズになります。

nerucoのシングルベッド

nerucoのシングルすのこベッド(9,990円)

すのこベッドは通気性も良く梅雨や夏の湿度の高い時期でもマットレスがカビることを防ぎます。

コンセント付きのベッドを選ぶと横になりながらスマホやタブレットが充電できて便利です。

ここがポイント!
階段やハシゴが付いているシステムベッドが人気ですが、組み立てるにかかる労力や今後の引っ越し、費用の面も踏まえると絶対におすすめしません。
システムベッドは縦のスペースを活かせることができたり秘密基地のようなお部屋にすることが可能ですが、想像以上に大きく重いので扱いにはかなりの苦労が伴います。
ベッドは見た目よりも実用性で選択しましょう。

食器棚・キッチンワゴン

食器はキッチンの扉の中にしまうことができても電子レンジや炊飯器を置くための食器棚は必要です。

食器棚ではなくキッチンワゴンと言った方が正しいかもしれませんね。

LOWYAのキッチンワゴン

LOWYAのキッチンワゴン(9,990円)

フレームがスチール製のキッチンワゴンは作りが簡単なので安価で買いやすいところが魅力です。

収納も段によって分けることができるので家電以外にもキッチン雑貨を収納できます。

ここがポイント!
高さ120〜130cm程度のキッチンワゴンで縦のスペースを活かしましょう。
お菓子作りが好きでオーブンが必要な方は最上段に置いて熱が逃げるようにしてください。

まとめ

生活に必要な家具をご紹介しました。

最後に1点だけ付け加えるとクローゼットがない、または、クローゼットが狭い場合はハンガーラックの購入をおすすめします。

LOWYAのハンガーラック

LOWYAのハンガーラック(3,990円)

天井と床を突っ張り棒で固定するハンガーラックが安くてお得です。

初めての一人暮らしで「あれもこれも置きたい!」とワクワクしてしまいますよね。

まずは生活に必ず必要な家具を揃えて、お部屋のスペースにゆとりがあるなら買い足すようにしましょう。

また、インテリアスタイルを作るために家具のデザインにもこだわって選ぶようにしてください。

モダンスタイルなら直線的な家具を、北欧スタイルなら木の温もりがある家具を。

スタイルを意識しながら家具選びをするとワンルームでもおしゃれ部屋を作ることが可能です!

タイトルとURLをコピーしました